ダイソーの手ぬぐいで折るブックカバーの作り方

ダイソーの手ぬぐいで折るブックカバーの作り方

ダイソーで楽しい柄の手ぬぐいをたくさん売っています。
この手ぬぐいを使ってブックカバーを作りましょう。

切ったり縫ったりしないので、かんたんに作れます。
飽きたら、すぐに戻せますよ。

新品でノリが効いている状態の方がきれいにできます。


スポンサーリンク


クジラの柄の手ぬぐいを買いました


表示によると、大きさは35cm×95cmです。

今回は新書版で作りましたが、単行本の大きさまでは対応できます。

手ぬぐいを半分に折ります

本の高さの2.5倍程度の長さになるように、手ぬぐいを半分に折ります。
生地の裏面が内側になるようにします。

今回は新書版だったので丁度半分の長さになりましたが、高さが高い本の場合は上端がずれます。
ずれる場合は、上側(おもて面)を長くしてください。

本を包むように縦に折ります

手ぬぐいのセンターラインに背表紙を当てて、本を置きます。
そのまま、右側から折り返します。

本の幅に合わせて端部を折り返します

本の幅に合わせて、端部折り返します。
うら側も同じように折り返します。

折り返した面を下にして、本の高さに折り返します

位置決めのために本を中央部分におきます。
次に、本の高さに合わせて、上下を折り返します。

完成しました

簡単に折り返すだけなので、一度覚えてしまえば、いつでも何度でもやり直しが利きます。

楽しい柄がたくさんあるので、取り替えながら試してみるのも良さそうです。


スポンサーリンク


手ぬぐいブックカバーの使い方

表紙と裏表紙をを差し込んで使います

ソフトカバーの本なら、表紙を丸く曲げて片方ずつ差し込むことができますが、ハードカバーの場合は、両面を同時に差し込むことになります。

新書版ではなく、ハードカバーの例ですが、使用状態はこんな風になります。

いざとなれば

ブックカバーから外して、手ぬぐいとして使えます。

汗をかいたとき

トイレで手拭きがないとき

怪我をしたら包帯代わりに

雑巾の代わりにも


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク