スロージョギングによるダイエット効果

運動には一気に力をだす運動、と持続する運動があります。

一気に力を出す運動を「無酸素運動」と言います。
これには筋肉トレーニング、短距離走などになります。

長めに時間をかけて運動していくものを「有酸素運動」と言います。
スロージョギング・ウォーキング・エアロビクス・自転車などになります。

20分以上続けないと意味がない

人間の脂肪は有酸素運動を20分行ってから燃え始めると言われています。

ダイエット効果を発揮するには、まずは有酸素運動をしていきましょう。

スロージョギングは有酸素運動になります。
だからと言ってすぐに走れるものではありません。
0-31

昔、走れたからと言って急に走ろうと思っても身体を痛めるだけです。

まずはゆっくりと始めてみましょう。

スロージョギングとは言っても、20分走るとなるとなかなか大変です。
そのため脂肪が燃える時間を考えてゆっくり走ってみてはいかがでしょう。

0-33

早く走っても20分持たなければ脂肪の燃え始める前に終わってしまいますので、ダイエット効果は期待できません。


休み休みでもOK

最初からゆっくりと時間をかけて走れば20分後の脂肪の燃える時間に運動できることになります。

半分歩いて半分走っても歩くこともスロージョギングの範疇であり、有酸素運動なので、20分以上できることになります。

ダイエット効果を望むならば20分以上を目安にして運動することです。

20分ですとマラソンランナーの方は1キロ3分なので6キロ以上走ることになりますが、初心者にはそんなスピードは出せません。

0-29

目安はそれぞれ違ってよいと思います。

朝、早めに起きて歩いて走って歩いて走ってと繰り返すことで身体の脂肪の燃焼も身体への負担も少なくなります。

週2回から始めてみたら

早く走って身体がもとに戻らず、何日も休んでしまっては何もなりません。
少しづつでも続けることを目標にしましょう。

週2回を目標にして身体がしっかり戻ったらまた走るようにして身体を慣れさせることも必要です。

筋肉の炎症や痛みをおこすようですと長続きしませんので、年齢と体力をよく確認しながらすすめてはいかがですか

そんな休みの日には背中の肩甲骨の間には褐色脂肪細胞があるのでそこに少し冷たいシャワーを浴びて刺激するとよいです。

休みにはそんなことをして次の運動に十分発揮できるように休めましょう。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。



関連コンテンツ