カフェオレとカフェラテの違いを図解で分かりやすく説明する

カフェオレとカフェラテの違い、判ってるようで根本わかってないようなものです。

最近はスタバなどの影響でコーヒーショップも増えてきています。

が、注文の時ってどうしてあんなに緊張するのか? と思いながら頼むのがコーヒーショップです。

オレとラテの違いはどこでしょうか?

分かりやすく説明します。

カフェオレはフランス語

オレはフランス語でミルクの意味です。

元になるコーヒーをドリップ式で抽出します。

お湯でゆっくり蒸らしながらです。

豆は浅入り豆を使用しています。

そこにコーヒー50%、温めたミルクを50%半分くらいですね。

それを器に一緒に入れます。

20150722b

フランスのオレを入れるのはカップというよりボールです。

カフェボールになり、持ち手はついていないのが特徴です。

フランス人はそのボールにパンを浸すので大きいボールなのだとも言われています。

カフェラテはイタリア語

ラテはイタリア語のラッテ、ミルクの意味です。

ラテのコーヒーはエスプレッソになります。

専用の機械で強い圧力をかけて抽出された濃いめのコーヒーを使用します。

豆は深入り豆を使用します。

エスプレッソはなかなか飲みにくいコーヒーです。

私は個人的には飲めないんです。

20150722c

ラテはコーヒー20%スチームで温めたミルクが80%なんです。

ただ飲んだ時にはとても濃い感じがしますが、コーヒーは少ないのに驚きました。

カプチーノもイタリア語だが、カフェラテとはちょっと違う

蒸気で温めたミルクを使うのがラテで、蒸気で泡立てたミルクを使うのがカプチーノです。

ソイラテは牛乳の代わりに豆乳を使っています。

最近はラテアートもすごくて飲むのにもったいないって思ってしまいます。

ハートや葉っぱなどから、立体のラテもあってどこから飲むの? って悩んじゃうほどですね。

コーヒーから熊さんが浮いているように見えたりいろいろあります。

20150722a

このラテアートは、誰でしょうか?

ここ最近のコーヒーブームでいろんなコーヒーがありいろんな味も知ることができます。

コンビニのコーヒーもレベルが高くなって、煎りたてのコーヒーが飲めるようになりました。

いろんなコーヒー試してみたいですね。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。



関連コンテンツと広告