伸ばしかけの前髪をアレンジするにはピンで止めるか巻くか

前髪を切ったら失敗したみたい

前髪が伸びて自分でカットしてもうまくいかないと思う方はアレンジで乗り切ってみましょう。

前髪だけ切ってしまうと次に美容院に行ったとき、ちぐはぐになるのも嫌だって方にはアレンジがよいでしょう。

目次に戻る

ピンで止める

髪を流しながらドライヤーをかけて、耳に近い部分でピンでおさえる方法。

前髪が額を流れるようになります。

この時は少し多めに前髪を作ることがきれいに仕上がる方法なのです。

また前髪をねじりながら巻き込み耳の上で止める。

髪をすくいながらねじっていきましょう。

ねじってあるので落ちることもなく、きれいに仕上がります。

目次に戻る

ポンパドール

ねじるほど長くない方にはポンパドールがお勧めです。

これは髪の長さに関係なくトップに高さも持てるので小顔効果も期待できますし、作るのに時間もかからず簡単です。

最近は100均にもかわいいピンやカチューシャも売っているのでそれを使う方法もあります。

ピンをたくさん使ってみたり、カチューシャで前髪すべて上げてみたりしてよいですね。

バンダナなどで髪を押さえてもフレッシュに見えてよいですね。

⇒ 前髪でポンパドールを作る!ピンを活用すると決まりやすい

目次に戻る

バレッタを使ってみる

髪が多い方はバレッタなどで止めることすっきりします。

大きめのバレッタはしっかり止めてくれるだけでなく、おしゃれの一部にもなります。

目次に戻る

出来るならば編み込みも

時間はかかりますが編み込みなどにしても伸ばしかけの髪にはすっきりします。

目次に戻る

ヘアーアイロン

アレンジで思いつくのは髪を巻くこと。

アイロンで巻くときには一度に巻こうとせず、前髪を3回ほどわけて巻くときれいにしっかり巻けます。

その後、後ろに流したりアップにしたりすることができます。

外巻きにすると豪華さも出てきれいです。

ただアイロンは髪のダメージも大きいので使いたくないって方も多いのですよね。

m012

目次に戻る

工夫することも楽しみのうちですよ

毎日いろいろなアイテムややり方で楽しみながらアレンジしていきましょう。

色や形、使うものを替えると無限大の可能性がありますね。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。



関連コンテンツと広告


目次に戻る