重曹を掃除に使うためのスーパー洗浄剤!NHKあさイチで放送

あさイチで紹介されたスーパー主婦の知恵です

NHKのあさイチ(2016年6月8日放送)から抜粋した内容の紹介です。

いろはに情報館では、重曹を使った掃除の方法を何度も紹介していますが、今回のスーパー洗浄剤は強力です。

過去には、使用現場で酢を混ぜる方法も紹介していますが、このスーパー洗浄剤には、酢と洗剤が予め混合されています。

目次に戻る

ドイツの家事マイスター制度

ドイツには、専門家を意味する国家資格のマイスター制度があります。

マイスターの資格は多岐にわたっていますが、各種のプロに混じって、「家事マイスター」という資格があります。

専門の大学卒業レベルの資格だそうです。

その家事マイスターの資格を持ち、「スーパー主婦」と呼ばれているイヴォンヌ・ヴィリックスさんが作り出したスーパー洗浄剤を紹介します。

目次に戻る

スーパー洗浄剤の作り方

目次に戻る

まず重曹液を作る

  • 『水』250ml
  • 『重曹』30グラム

を加えてかき混ぜてから、火にかけてひと煮立ちさせまます。

番組では、『炭酸ナトリウム』と言っていましたが、『重曹』でも良いということなので、百均でも手に入りやすい『重曹』を使いました。

20160614a

目次に戻る

次に酢と中性洗剤を加える

上の『重曹液』を冷ましてから、『台所用中性洗剤』50グラムを加えます。

好みで香り付けとして、『エッセンシャル・オイル』20-30滴を加えても構いませんが、なくても結構です。

最後に、『酢』120mlと『水』1.75リットルを加えてよくかき混ぜます。

20160614b

かき混ぜると、およそ2リットルの『スーパー洗浄剤』が出来上がります。

スプレー容器に小分けしておくと使いやすいです。

目次に戻る

スーパー洗浄剤の使い方

目次に戻る

毎日の掃除の友として使います。

表面的な汚れはよく落ちますので、毎日の掃除の友として使ってください。

大掃除の時の家具の裏側や照明器具の傘などの、積年の汚れやこびりついた汚れには向いていません。

使い方は簡単で、通常の洗浄剤と同じで、汚れた部分にスプレーをして汚れとともに拭き取ります。

通常の材質はほとんど問題ありませんが、大理石には使えません。

また、白木やコルクの素材はシミになりやすいので、直接スプレーをせずに、雑巾に浸して拭き取るようにしてください。

目次に戻る

心配な場合はパッチテストをしましょう。

大理石以外はどこでも使えますが、一部の素材では色落ちする場合ことがありますので、目立たないところでのパッチテストをおすすめします。

目立たない部分に直接スプレーするか、雑巾に染み込ませたスーパー洗浄剤で濡らしてから、10分間ほど様子を見ます。

拭きとった後の部分で変化なければOKです。
もしも、洗浄剤の痕がシミになっていたり、色落ちや変色があれば、使用を止めましょう。

目次に戻る

制菌効果があるらしい

番組の中の紹介では、
「ドイツの分析機関で制菌効果が認められています」
と言っていました。

これに対して論評出来るだけの根拠も実感もないので、「制菌効果があるらしい」との紹介だけにとどめておきます。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。



関連コンテンツ


目次に戻る