日本のお札(紙幣)のマイクロ文字『ニホン』

普段使っている千円札、五千円札、一万円札に秘密のニホンがあることを知っていますか。
それは、小さな小さなマイクロ文字で印刷されているので、肉眼で見るのは困難です。それぞれの紙幣の表面と裏面にそれぞれ『ニ』『ホ』『ン』と印刷されています。


スポンサーリンク


印刷されている場所は、バラバラです。
わたしが探した千円札、五千円札、一万円札の表面と裏面の『ニ』『ホ』『ン』の実写位置を写真で示します。

千円札(千円紙幣)のニ・ホ・ン


千円札の表面
s1000
s1001s1002s1003


千円札の裏面
s1005

s1006s1007

s1008

0-60

五千円札(五千円紙幣)のニ・ホ・ン


五千円札の表面

s5000

s5001s5002

s5003


五千円札の裏面

s5005

s5007s5008s5009

0-56

一万円札(一万円紙幣)のニ・ホ・ン


一万円札の表面

sa000

sa001

sa002sa003


一万円札の裏面

sa005

sa006sa007sa008

これだけ小さいと、一般人が偽札の判別に使うのはむずかしそうですが、専門家が鑑定するのには都合が良いのでしょうね。

他にも、ちょっと見には、一本の線に見えるのですが、拡大してみるとNIPPON GINKO文字の羅列だったりと結構いろいろな秘密が隠されています。

わたしは最初に一万円札に隠し文字があると噂で聞いて、ルーペ片手に必死に探しました。初めて『ニ』『ホ』『ン』をみつけたときの感激は特別なものがありましたねぇ。

その後、他のお札や紙幣にもあるのだろうと、千円札と、五千円札について調べて、予想通り全部の表裏で発見しました。だけど、残念ながら、二千円札は手元にないので調べることが出来ません。


スポンサーリンク


もう一つ、疑問に思っていることがありますが、結論が見えていません。

それは『日本』を、なんと読むかです。
千円札、五千円札、一万円札の各紙幣には、ローマ字で
「NIPPON GINKO」の文字が随所に見られます。

だから「ニッポン」と読むのかと思っていたら、マイクロ文字で「ニホン」と書かれています。

さて、どちらが正しいのか、これを考えると夜も眠れなくなります。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。

スポンサーリンク