高速道路が渋滞したらバイクはどう走る?法律は。

風を切って高速道路をバイクで快適に走るのは気持ちが良いものです。

しかし、大型連休のときや事故が発生すると、高速道路は容易に渋滞します。

4輪車なら車列に並んで進行を待つしかありませんが、バイクは幅が狭いので走ろうと思えば、いろいろな手があります。

さて、どこをどう走るのが良いのでしょうか。

一緒に考えてみましょう。


スポンサーリンク


片側2車線の高速道路を想定してみましょうか。

20151013c

走行路は4つある

片側2車線の高速道路が渋滞しています。

あなたはバイクで走行車線を走っています。

ノロノロノロノロと渋滞が続いて嫌気が差してきました。

さぁ、バイクのあなたはどこを走るでしょうか?

走行路の選択肢は4つあります。

  • (a)車線の中
  • (b)路肩(路側帯)
  • (c)走行車線と追い越し車線の間
  • (d)追い越し車線の右側

それぞれについて考えてみます。

(a)車線の中

法律的には、このように車線の中を走行するのが正しい走行方法です。

走行車線でも追い越し車線でも、車線の中を4輪車の流れに合わせて足っているのが理想的です。
可能であれば、この走行を維持してください。

本来こうすべきなのですが、ライダーの本性が出てくると、だんだん辛くなってくるのですね。

ノロノロ運転だと半クラッチが多くて左手が疲れるし、停止すると足がバレリーナ状態で辛い(わたしのバイクはシート高が高いので)

グループツーリングで「安全第一で違反をしないように走ろう」って決めて、リーダーがしっかりしていれば、車線の中で我慢することも出来ますが、一人で走っている時に、じっと耐えるのは精神衛生上よくないですな。
(少なくともわたくしにとっては)

tr_032A

(b)路肩走行(路側帯走行)

これは絶対ダメです。「指定通行区分違反」です。

路肩走行のバイクをターゲットにしたおまわりさんが、待ち受けて一網打尽にされます。
0-81

バイクで路肩を走っている連中が次々に捕まる様子を何度も見ています。

調子に乗ってスイスイ行くつもりが仇になりますよ。


スポンサーリンク


(c)走行車線と追い越し車線の間

わたしが走るならここです。

周囲の車が完全に停止している場合は、路上の障害物とみなせるので、障害物を避けてここを走ることは法律違反ではありません。

問題は、ノロノロでも周囲の車が動いている時です。

右ウィンカーを出して追い越して、左車線に戻る行為を繰り返すなら単運な追越し走行ですから違反にはなりません。

しかし、実際には、車線を無視して右へ左へとジグザグ走行することになります。

現場の警察官の判断になりますが、追越し違反(左側追越し)、安全運転義務違反などに問われる可能性があります。
実際に、車線の中央を走って捕まったという話は聞いたことがないので、自己責任にはなりますが、安全に留意して走るのは普通にやっていることですね。

現実的に、渋滞の真ん中では警察車両も身動きがとれないので、取り締まりが出来ないのでしょう。

ひどい渋滞が予想される場合に、ヘリコプターから指示を出して地上でバイクの取り締まりをしてる映像をテレビで見たことがありますが、ニュースになる程度の貴重価値なので、現実にはほとんどありません。

c_ve_air005

そうは言っても、周囲がノロノロと言っても70キロ程度で走っているところを、100キロ超えですっ飛ばしていくのは、あまりにも危なのでおすすめできません。

あくまでもわたしの勝手な基準ですが、ノロノロでも時速50キロ程度で流れているなら、流れに合わせます。

これより遅いと、さすがにイラついてくるので、中間路を走ってしまいますね。

一般道よりも車線巾が広いので、大型トラックが並ばなければ、結構余裕で走れます。

決して、推奨しているわけではなく、わたしはこのようにしているとの紹介です。

あと、速いバイクが後方から近づいてきたら、とっとと道を譲ります。
後ろから追われる感じが嫌いなので。

(d)追い越し車線の右側

わたしは、ここは走りませんね。

違反なのかどうかよく分かりませんが、四輪者が右側をバイクが走行することを想定してないのじゃないでしょうか。

道路の端っこは障害物があるかもしれないし、本来走るところではありませんかからね。

バイク関連の記事

バイクで高速道路を走るときの注意点

覆面パトカーをナンバー以外で見分ける方法

青切符違反の無実を裁判で争うための正しい知識

交通違反の反則金を払い忘れたらどうしましょう。

結論として

たとえ渋滞の中にハマったとしても、(a)車線内走行が正しい走行法で、法律的にも安全性でも最も推奨すべき走行方法であることは論を待ちません。

しかし、時速50キロ以下、あるいは30キロ以下の様な、超ノロノロ渋滞では、自己責任にはなりますが安全性に気をつけながら(b)走行車線と追い越し車線の間を走ります。

>> バイクブーンの高価バイク買取!
>> バイク買取一括無料査定

決して大手を振って言える内容ではないのですが、軽快さというバイクのメリットをもがれたような状態で我慢しているのは精神的にとても辛いです。

皆さんは、自分の判断で走行してください。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク