仕事を休む理由って、当日ならなんという?

2015当日の朝、どうしても気分がのらず会社に行きたくない。

今日は休みたい。

いわゆるズル休みですが、こんな時はどんな理由にしたらよいでしょうか?

まずはメールで第一報を

メールが普及している現代ですので、出社時間前にメールで一報を入れて、勤務時間が始まってから電話で上司に挨拶するのが普通の手順でしょぅ。

通勤時間が、30分や1時間はかかるでしょうから、勤務時間の前にメールを入れておけば、上司が出勤してメールを開くとあなたが欠勤するメールが届いています。

スズキ部長、おはようございます。

いろはに太郎です。

突然で恐縮ですが、本日は、xxxxのために急遽休暇を頂きたいと存じます。
(軽いジャブで、概略の理由を告げておきます)

詳細は、部長が出勤した頃に電話で説明いたします。
(電話で話すことで、言い放しではなく誠意を見せます)

本日予定の急務は特にないと思いますが、何かありましたら携帯の方にご指示ください。
(仕事のこともちゃんと配慮している熱心さを示します)

勝手を言いまして誠に恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。
(へりくだって、申し訳無さを強調する)

以上

いろはに太郎

このくらい予備情報を与えておけば、電話をしてからの印象がだいぶ違います。

上司が出勤して、机に付いた頃を見計らって絶妙のタイミングで電話を入れます。

早朝メールを忘れないようにしましょう。


スポンサーリンク


ズル休みの5つの理由

古典的な理由は5つあります。

★ズル休みの理由★
  • 自分の仮病
  • 家族の病気
  • 親戚の訃報
  • 自分が立ち会わなければならない事情
  • 事故

一つずつ適不適を考えてみましょう。

自分の仮病

ズル休みが1日だけなら、1日で快癒する症状でなければなりません。

  • 「悪性のガンに罹ったらしく、とてもつらいです」
  • 「自動車にぶつかって、腕を骨折しました」
  • 「エボラ出血熱らしいので出勤停止です」

030479

こんなことを言ったら、一日どころか、今後一切出社に及ぼずと言われて仕事を失いますよ。

古典的な自分自身の仮病としてはこんな項目があります。

★自分の仮病★
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 歯痛
  • 腰痛
  • 下痢
  • 発熱
  • 吐き気

頭痛

仮病の定番中の定番です。

これに発熱を加えて

「どうも風を引いたようで、熱があって頭が痛いんです」

こう言えば、大概の場合はOKです。

『あんた、3日前にも頭が痛くなかったっけ?』

『毎週金曜日になると頭痛いのか?』

などと突っ込まれないように、平時から信頼を獲得しておきましょう。

0-32

腹痛

これも定番ですね。

「頭痛と発熱」と同じように「腹痛と吐き気」、「腹痛と下痢」は相性が良いです。

「変なものを食べたわけでもないのですが、お腹を冷やしたらしくて下腹部に鈍痛があり、下痢をしています」

これで、通常は乗り切れます。

0-36

歯痛

外観からは分からないので、こいつも使えるかと思うでしょうが、ダメです。

出社後にいろいろ聞かれるので、自分なりのシミュレーションをしておかなければなりません。

前歯なのか奥歯なのか、上か下か、虫歯なのか、歯槽膿漏なのか、折れたのか。

頭痛や腹痛よりも細部の具体性を問われるので、嘘がバレやすいです。

歯痛はやめたほうがいいな。

腰痛

いわゆるぎっくり腰ですね。

これも外観的には分からないので、使えそうですが、いつ、どんなときに発症したのかと必ず聞かれます。

大概、職場の先輩なんかで経験者がいるので、根掘り葉掘り聞かれて、なんか自分の場合とは違うとか、

一日で治るはずがないとか言われます。

だから、ちょっと使いづらいですね。

下痢

下痢単独で使うことはあまりありません。

殆どの場合は、腹痛とセットにして、いわば腹痛の薬味のような存在です。

発熱

発熱は強力な手段です。

何しろ、データで説得できる唯一の仮病ですからね。

「38度6分の熱がありまして」

といえば、殆どどこでもフリーパスです。

20151009a

これに「フラフラする」「頭が痛い」などの装飾をつければバッチリです。

吐き気

吐き気だけでは、ズル休みの仮病には弱いです。

腹痛、発熱、食欲不振などとの協力がないと、威力が不十分です。

仮病なら、「発熱+頭痛」 「腹痛+吐き気」 「腹痛+下痢」この3点ですね。


スポンサーリンク


家族の病気

家族の病気で使えるのは、一般的には子供ですね。

「子供が急に熱出しちゃいまして」

ってやつです。

健康な子供をダシにして、本当に熱を出したりしたら、気分が滅入るから止めましょう。

親と同居なら、親が倒れて病院へと言うパターンも考えられますが、上司からお見舞いの電話が来て、本人が出てしまったら一大事です。

これも止めておきましょう。

親戚の訃報

親を死なせると、弔電の手配やら香典を渡されたりして大騒ぎになりますから、使えません。

あまりにも縁が遠い伯父さんや叔母さんでは、休む理由にならないので、おじいさんかおばあさんになるでしょう。
祖父祖母は会社の身上書に記載されているかもしれません。

その場合は、勝手に生かしたり死なせたりすることは出来ないので使えませんね。

しかも、一般に葬儀は数日後なので、今日休む理由としては、不自然です。

自分が立ち会わなけれならない事情

突発的な状況を設定するのが困難です。

姪の結婚式、家のローンの申請、娘の入学式や卒業式

どれも、事前に予定できる事情ですね。

突然、今朝になって思い出しましたと言うのは、不自然です。

事故

  • 交通事故を起こしてしまった
  • 泥棒に入られたので捜査に立ち会う
  • 大雨で家が流されました

どれも、翌日以降に余波を発生する可能性がありますから、不適当です。

c_na_dis003

結論は

当日サボるための口実を作るなら、古来からの定番ですが

発熱(38度以上)+頭痛

腹痛+吐き気 または 腹痛+下痢

が妥当ですね。

でもね、

こんな苦労して、嘘の理由を考えるくらいなら、会社に行った方が楽なんじゃないかな。

会社に行きたくない理由があるんだろうけど、それを何とかする方法を考えたほうが、人生のプラスになるよ。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。

調査員は60代男性と50代女性。
熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。

ネット上にあふれる種々雑多な情報を
プロのテクニックで検索して
分かりやすく整理してお届けします。

もちろん、自分たちの経験や知見も
ふんだんに盛り込んでいますので、
借りてきた情報寄せ集めのまとめサイトとは
一線を画した内容を目指しています。

スポンサーリンク