納豆の効果的な食べ方とは!意外にも

納豆は朝の食べ物ですか

朝の定番だと思っている人が多いでしょうね

納豆=朝食の定番と思っている方が多いでしょうね。

実際ホテルの朝食バイキングでは必ずおいてあります。
また、納豆のラベルにも朝食という文字をしばしば見かけます。


スポンサーリンク


納豆の一番すごいところはナットウキナーゼというたんぱく質分解酵素が血中の血栓を溶かす効果があることです。

血栓が出来ると、脳の病気や心臓の病気につながり、命にかかわる大きな病気となります。

納豆は夜食べると良いのです

納豆は、その効果を期待するなら、本当は「夜」食べることがよいのです。

人間は起きている時よりも睡眠中の方が血栓などが原因の病気になりやすいのです。

だから、睡眠中にナットキナーゼに働いてもらうほうが、効果が期待できるのです。

納豆で「血液サラサラ」を目指しましょう。

納豆を食べれば、血液サラサラの効果が期待できますが、どうせ食べるならばもっと効果を望みたいですよね。

そのためには、
「夜納豆+発酵食品」
の組み合わせが、一番よい効果が得られるのです。
発酵食品には多くの乳酸菌が含まれていますが、具体的には、どんな発酵食品があるでしょう。

『キムチ』や『ヨーグルト』、『チーズ』などがあげられます。

納豆にキムチ

キムチに納豆はとてもよい組み合わせですね。

20160619a

納豆の上に薬味のようにキムチを乗っけてかき混ぜるだけです。
夕食の一品に加えてみるとよいでしょう。

納豆にヨーグルト

納豆とヨーグルトには抵抗があるかな。

酸味のあるヨーグルトを混ぜると少し納豆がマイルドになるという意見もあります。
食べてみると案外美味しいのですが、少し勇気のいる組み合わせかも知れません。

色が白くなるので、見た目で嫌う人もいることでしょう。

一度試してみるといいですよ。

納豆にチーズ

納豆にチーズは納豆の上にチーズをかけて少し焼くと、納豆ピザ風味。

炙りバーナーで焼くと良いかもしれませんね。

下の写真は、まりっくまさんのレシピ【納豆チーズ奴】です。

  1. 水切りをした冷奴の上に
  2. よくかき混ぜた納豆を乗っけて、
  3. 醤油とラー油をかけて、
  4. その上にとろけるチーズをかぶせて、
  5. オーブントースターで5分ほど焼いたもモノ。
    20160619b
    粗挽き胡椒を振って完成。
    パセリなどを散らして、立派なおかずとしての一品になります。

しかし、実は、納豆のナットウキナーゼは熱に弱いのでそのまま混ぜたほうが栄養として考えるならば良いのです。
納豆チャーハンなども作るならば火を止めてから納豆を混ぜたほうがよい効果が得られます。

さらに、キムチも混ぜればもっとよい効果が得られます。


スポンサーリンク


納豆は、カルシウムとビタミンKが豊富

納豆にはカルシウムも多く、特に育ち盛りのお子さんの歯や骨の形成には必要な食材です。

またビタミンKも多く、ビタミンKは骨の形成にとても重要な栄養素になります。

人によって、好き嫌いの激しい納豆ですが、最近は納豆の効果のみを精製して、臭いのないサプリメントも出ています。

アマゾンをご利用の方はこちら

サプリメントもお手軽で良いのですが、納豆は美味しいので、調理次第で料理の幅が広がります。


なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。


関連コンテンツ


スポンサーリンク