新じゃがの皮は剥かないで食べてもおいしい

なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。

春先の新じゃがの季節は、春の味わいを食べたいですね。

20150131b

じゃがいもの皮には毒がある

じゃがいもの皮の緑の部分や芽にはソラニンという毒があります。

皮が緑色ならば、料理する前にまずしっかり取り除きましょう。
緑色がないことを確認してから使ってください。

ソラニンは嘔吐、胃痛、下痢などおを起こすこともあるので注意が必要です。
しかも、ソラニンは加熱しても毒素がなくならないので、最初にしっかり取り除きましょう。

新しいじゃがいもにはソラニンは少ないですが気を付けたほうがよいです。

目次に戻る

新じゃがの皮は食べてしまえ

新じゃがは皮が薄く、皮を剥くのは大変ですが、料理の際、新じゃがは皮のまま使えますよ。

例えば、そのまま素揚げにすれば皮のまま食べることができて、皮と実の間の栄養もすべて食べて吸収できます。

20150131c

じゃがいもを皮のまま櫛形に切ってあげれば皮付きの自家製フライドポテトです。

新じゃがの季節には子供も喜ぶおかずやおやつになります。


目次に戻る

皮をこすれば剥けてくる

薄いと言っても皮が気になるようなら、ボールに水を入れてじゃがいもを入れてごろごろ洗濯機のように回すと薄い皮が剥けてきれいな実ができます。

スポンジで少しこすっても同じようになります。

包丁で切るより薄く向けるので表面がつるつるします。

目次に戻る

蒸す、茹でる、レンジ

他に皮に十字に切り込みを入れて蒸す調理方法もありますね。
蒸し上がると皮が剥けてバターを乗せればじゃがバターになります。
これも新じゃがの季節には作りたいおかずです。

子供の頃には、バターなんかなかったので、塩をつけて食べていましたが、あの頃はそれでもおいしいおやつでした。

鍋で茹でる方法もあります。
このときも切り込みを入れておくと、切れ目の部分が反ってくるので茹で上がりがわかるのでよいです。

蒸したり茹でたりするのが面倒だったら、レンジを使用する方法が簡単です。

やはり十字に切り込みを入れてラップに包みレンジに掛けます。
ラップを剥いてじゃがいもを布巾に移して包むようにしてから、一気に下向きに布巾を動かすと中からじゃがいもが皮がスルリと剥けてくれます。

このときに熱いのできをつけてくださいね。
レンジで加温したあと、ラップから出してフォークに挿して、ラップでこすっても皮が剥けます。

目次に戻る

皮を剥くなら熱いうちに

じゃがいもの皮をむは、熱いうちに剥いてください。

熱い方がきれいにむけて時間もかかりません。

熱いのは大変ですが、使う料理によって皮が不要ならば我慢して剥きましょう。

新じゃがの季節は、あっという間に過ぎ去ってしまいます。
できるだけ旬のものをおいしくいただけるようお料理しましょう。


関連コンテンツと広告

目次に戻る