日産キューブのインテリジェント・キーのバッテリー交換方法

なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。

車のエンジンを始動するキーは、従来は鍵穴に差し込んでひねるのが当たり前でした。
最近は、むしろ鍵穴(キーホール)がない車の方が多く、キーレスエントリーなんて言われています。

使うキーは、インテリジェント・キーとかスマート・キーなどと呼ばれています。
便利なキーレスエントリーですが、内部のバッテリーが切れると、電波を発することが出来ないので使い物になりませんね。
(バッテリー切れの対策は、末尾に記載しておきます)
ここでは、インテリジェント・キーのバッテリー(電池)交換の方法を写真で詳しく説明します。

車種は、日産キューブですが、日産系なら大体似ていると思いますよ。

インテリジェント・キーのバッテリー交換方法

我が家の愛車である日産キューブ(Z12)のインテリジェント・キーのバッテリーが弱くなってきました。

インテリジェント・キーは、一般にキーレス・エントリーと呼ばれている装置(?)で、キーを差し込まくても、押しボタンでエンジンがかかるシステムで、こんな格好をしています。

目次に戻る

インテリジェント・キーのバッテリー(電池)消耗の症状とは

朝一でドアを開けようとしても一発では開かなかったり、エンジンスタートボタンを押しても反応が鈍かったりという症状が出始めます。

マニュアルを読むと、2年ほどでバッテリーが弱まるので、交換が必要だとのことでした。

目次に戻る

早速、交換作業を始めました。

マニュアルによると、キーの部分を抜いてここにマイナスドライバーを差し込めと書いてあリます。

本当は、布を巻きつけたドライバーと書いてあリますが、布なんか巻きつけたらこの隙間に入らないので、裸のまま強引に突っ込んでみました。

目次に戻る

割れたら自己責任のつもりで力いっぱい

ほとんど、壊れても仕方がないというほどの力で、外れても怪我をしないようにと気をつけながら、とにかく力一杯に突っ込まないと入らないのです。

ちょっと、設計が悪いと思います。
無理やり引っぺがしたら、二つに分かれました。

上の方がキャップ側で、電池がへばりついています。

目次に戻る

バラバラになりました。

蓋の方をいじっていたら、基盤とスイッチングのゴムとカバーに分かれてしまいました。

おそらく、ここまで分解してはいけないのだろうと思います。

目次に戻る

交換バッテリーはダイソーで

交換電池は、ダイソーで買ってきた2個100円のCR2025です。

目次に戻る

バッテリーの消耗を確認しました。

新旧のバッテリーをバッテリー・チェッカーで調べてみると、やはり旧バッテリーは弱っています。

こんないい加減なダイソーのチェッカーで分かるのだから、だいぶへたっていたのでしょう。

僅かな違いに見えますが、このバッテリー・チェッカーの特性で、旧の方は相当へたっているのです。

目次に戻る

カバーを締めます

新バッテリーと交換して、カバーを閉めました。
壊れても仕方がないと言う勢いでドライバーを突っ込んだので、入り口はぐちゃぐちゃになってしまいました。

でも、キーを差し込めば隠れるので問題ありません

動作確認はOKだったので、これで、また2年間は大丈夫です。


関連コンテンツと広告

目次に戻る