社長と会長で偉いのはどっち?役割はどう違うの?

なんでも調べる『いろはに情報館』です。 熟年の知識と含蓄で古いものほど得意です。 ネット上にあふれる種々雑多な情報をプロのテクニックで検索して分かりやすく整理してお届けします。

ある日テレビを見ていると、
とある会社の社長が
会長に退くというニュースが
流れていました。

この「会長に退く」という言葉、
どことなく引っ掛かる方も
多いのでは?

例えば、私の地元の企業では、
会社のトップが会長
だったりする場合も
多いですからね。

もちろん、反対に社長の方が
強い実権を持っている
場合もあります。

若い方から
こうした質問をもらうことが
多いので、

この機会に、
私の会社員生活ウン十年で
培ってきた
社長と会長に関する知識を
ご紹介したいと思います。

一体、社長と会長のどっちが偉いのか!

ぜひ、一緒に見ていきましょう。

また、役割はどう違うのでしょうか。

『組織の名前』+『長」が一番偉いもの

一般に、
組織の名前の最後の文字に
『長』を付けた人が一番偉いものです。

  • 中学校なら校長
  • 大学なら学長
  • 横浜市なら市長
  • 警察署なら署長
  • 保健所なら所長
  • 生徒会なら会長

と言う具合です。

ただし、
東京大学は総長だし
銀行は頭取だし
自由民主党は総裁だし
国土交通省は大臣だし
例外はありますよ。

この理屈で言えば、
なんたら株式会社で
一番偉い人といえば
「社長」と答えるのが普通です。

目次に戻る

社長も会長も法律の定義はない

実は、『社長』も『会長』も
法律で決められた用語では
ありませんから、

各会社が、独自に付けた
勝手な肩書なのです。

だから、
権限のない『社長』がいたり
経営の陣頭指揮に立つ
現役バリバリの『会長』が
いたり

会長と社長が兼務だったり
会長から社長に戻ったりと、

実態は様々です。

小規模の同族企業では、
一般的なルール無視で、
なんでもありですから、

ここでは、
ある程度大きな会社に
ついてお話します。

モデルとする会社の
イメージとしては、
こんな会社です。

  • 東証一部上場企業
  • 従業員が数千人規模
  • 旧財閥系的な歴史のある企業
  • 主要株主は金融関係が占めている
  • 同族企業ではない

目次に戻る

出世の順序でピークは社長

このような会社では、
生え抜き社員が
社長になるまでのストーリ-は
こんな感じです。

入社
⇒平社員
⇒役付社員(課長とか部長とか)
⇒取締役
⇒常務取締役
⇒専務取締役(代表取締役)
⇒代表取締役社長
⇒取締役会長(代表権の有無はいろいろ)
⇒相談役とか顧問とか

最近は、
執行役員制度を
導入している会社が多いので、

常務取締役と
専務取締役を廃止して、
平取締役のままで、

常務執行役員と
専務執行役員に置き換えています。

いずれにしても
経営のトップとして
実際に活躍するのは『社長時代』です。

会長となると、
実戦舞台からは一歩ひいて、
後方支援に回るので、
一丁上がりの感が否めません。

社員が
誰の言うことに従うべきかで、
偉さを判断するなら、
間違いなく、一番偉いのは
『社長』です。

しかし、社長よりも会長の方が
上席とされており
通常は社長よりも目上の人なので、
世間的には、
『会長』が偉いとも言われます。

目次に戻る

社長は経営実務、会長は対外的な経済活動

実際の役割としては、
社長は、経営実務の先頭に立って
金を稼がなければ
ならないので結構忙しいのです。

20150525b

一方、会長は、実務から離れているので
かなりヒマです。

そこで、会長の役割としては
対外的な経済活動を行うのが
一般的です。

社長が稼いだ金を
会長が使います。
(広い意味では再投資になるのですがネ)

大きな組織では
『経団連』とか
『日本商工会議所』
の活動や、

小さいところでは、所属する工業会
のお世話をするのが会長です。

日本には、
『なんたら工業会』というのが
すごくたくさんあります。

リストの先頭が食品機械だったので、
引用してみるとこんな感じです。

日本食品機械工業会
日本産業機械工業会
日本産業車両協会
日本ロボット工業会
日本包装機械工業会
日本エルピーガスプラント協会
日本計量機器工業連合会
日本冷凍空調工業会

これらは、自分たちの業界に
有利な法律や規則の
制定や運用のために
走り回っている人たちです。

このような会のために
動いているのが
会社の『会長』たちなのです。

普通はこんな会には
社長は出てきません。

政治家が率いて中国に行く
経済界の訪中団などに参加して
ぞろぞろと
中国に行くのも会長の仕事です。

目次に戻る

まとめ

  • 『社長』も『会長』も法律的な定義が定められていない、社内の肩書です。
  • 経営実務として見たら、社長のほうが偉いです。
  • 会長は社長よりも上席で、いわば社長の後見人。
  • 会長は実務がヒマなので、工業会の世話役などでヒマつぶしをしています。
  • 社長は金を稼ぐ人、会長はその金を使う人

日本には、
国を代表する人物が二人います。

天皇と総理大臣です。

会長の役割は天皇のイメージ
社長の役割は総理大臣のイメージ
として捉えると
分かり易いかもしれません。

天皇と総理大臣では
どちらが偉いかと言う質問は、
愚問です。

役割が違うのですから。

会長と社長では
どちらが偉いかと言う質問も、
同様に愚問です。

目次に戻る

関連記事

⇒ 代表取締役と社長の違いはなに?ついでに会長とは

⇒ CEOと社長の違いとは?プロ野球の監督がヒントに


関連コンテンツと広告

目次に戻る